宮山 加代子

2022年NET美術展

氏名   宮山 加代子(高校26期)
作品名  桜―1
大きさ  33×83㎝
画材   木版画
コメント いつもの季節にいつものように命をよみがえらせる桜。その花は生きていく方向を毎年示してくれます。

氏名   宮山 加代子(高校26期)
作品名  やつでー2
大きさ  33×83㎝
画材   木版画
コメント 日没前の斜めの光線が裏庭に射していました。普通の存在が特別に見えた瞬間です。

氏名   宮山 加代子(高校26期)
作品名  睡蓮―7
大きさ  33×83㎝
画材   木版画
コメント ピタリと止まった水面にまるで空中に浮いているようにその睡蓮は咲いてました。天空の花という言葉が浮かびました。

氏名   宮山 加代子(高校26期)
作品名  蓮―6
大きさ  40×80㎝
画材   木版画
コメント ひらひら揺れる大きな葉にゆるりと流れる音楽を感じました。自然と厳粛な気持ちになりました。

氏名   宮山 加代子(高校26期)
作品名  泰山木―1
大きさ  33×83㎝
画材   木版画
コメント 気が付いたら目の前の大木に白い大きな花が咲いていました。優雅な香りで有名ですがまだその香りを嗅いだことはありません。

2021年NET美術展

氏名   宮山 加代子(高校26期)
作品名  泰山木-蕾
大きさ  35×35㎝ 
画材   木版画
コメント 初夏のある散歩道、大きな木にたくさんの白い花が青い空に向かって咲いていました。力強いその花の生命力に思わず立ち止まりました。今回の3点は蕾から散り際までの泰山木三部作です。

氏名   宮山 加代子(高校26期)
作品名  泰山木-開花
大きさ  35×35㎝ 
画材   木版画

氏名   宮山 加代子(高校26期)
作品名  泰山木-散り際
大きさ  35×35㎝ 
画材   木版画

2020年NET美術展

氏名   宮山 加代子(高校26期)
作品名  Magnolia-2
大きさ  35×35㎝
画材   木版画
コメント 初夏のある日、中庭のマグノリア(泰山木)が力強く葉をひろげ純白の花をつけていました。 私は命溢れるその姿に心を奪われました。3作は「蕾」「開花」「散り際」の姿です。全体で確かな自然の営みを表現しました。

氏名   宮山 加代子(高校26期)
作品名  Magnolia-3
大きさ  35×35㎝
画材   木版画

氏名   宮山 加代子(高校26期)
作品名  Magnolia-4
大きさ  35×35㎝
画材   木版画

コメント

タイトルとURLをコピーしました